外壁塗装の塗り替え時期や目安は?

日当りのいい家

外壁の塗り替えは、家の見た目を良くするだけではありません。建物自体の寿命を延ばす、重要な役割を果たします。塗り替え時期というのは、なかなか難しいのですが、判断基準をいくつかご紹介します。

外壁の塗り替え時期の目安

外壁は何年に1度は塗り替えなくてはいけないという決まりはなく、外壁に使われている塗料の種類にもよって塗り替えの時期は異なりますが、平均的な壁を塗り替える目安は、新築から10年前後です。
外壁は紫外線や雨風に毎日さらされているので、年数が経つことでヒビが入ったり、シーリングの亀裂などが起こります。外壁が傷むと、家を支えている鉄筋や木材などを劣化させる原因となります。

ヒビなど目に見える支障はなくても、外壁に発生した苔や藻、汚れからも塗り替え時期を判断することができます。
苔や藻が生えるのは、日当たりの良し悪しも関係しますが、塗料が劣化し、防水性が低下することで外壁が水を含み、苔や藻が生えることがあるからです。

外壁の塗り替えは、見た目の問題だけではなく、家を長持ちさせるためにとても大切です。具体的に塗り替えが必要な例をみていきましょう。

壁に亀裂が入る

外壁塗装を検討する1つの基準として、壁の亀裂があげられます。壁の亀裂は、建物の強度にも関係する深刻な問題です。
見た目が良くないだけでなく、雨が浸水して壁を腐らせ、雨漏りの原因や壁のシミの原因にもなります。

外から見える亀裂の幅や長さはヒドくなくても、中では劣化や腐敗が進み、外からは見えないカビやサビが内側に発生していることも考えられます。

塗装が一部剥がれている

塗装が一部剥がれると、雨が降るたびに外壁内に水が入り、剥がれる面積が広がる原因となります。

壁が剥がれる原因はいくつかあります。例えば、塗装する時期が湿気の多い時期であったり、塗装の際に壁に水滴が残っていたりすると、壁の剥がれを引き起こす原因となります。
それ以外では、塗料と外壁を密着させるための下塗り塗料の選び方が適切でなかったり、下塗りが不十分であった場合は、3年以内などの早い時期に壁が剥がれることがあります。

建物を傷めないためにも、塗装が剥がれたら塗り替えが必要です。

チョーキング

チョーキングとは外壁を触った時に、指先に壁の色の粉(塗料)がついてくる状態のことです。中にはチョーキングの起こらない塗料もありますが、色がついている塗料であれば、時間が経過するにつれ、ほぼチョーキングは起こります。

チョーキングが起こる原因は、毎日の紫外線や雨、風、湿気が原因による塗膜の劣化なので、建物の年数が経つほどチョーキングが起こりやすくなります。
ただし、1年〜2年という早い段階でチョーキングが起きた場合は、施工不良である可能性が高いです。

外壁の塗り替えの重要性

外壁の塗り替えは安くはないのですが、そのままにしておくと建物が傷みます。外壁の傷みが進み、外壁のリフォームが必要となると、もっと高額な出費となってしまいます。
外壁に亀裂があるからといって、家に住めないわけではなく、壁が剥がれていても雨漏りに必ずしも繋がるわけでもありません。ただし、外壁を塗り替えることで、防水効果は確実に上がり、建物自身の寿命を延ばすことができます。

外壁を塗り替える際に、屋根の塗り替えも進められることがあります。屋根も外壁と同じく紫外線や雨・風で傷みが生じるので、目につかない場所ではありますが、傷んでいることが十分考えられるからです。
屋根と外壁を一緒に塗装すると、その分値段は高くなるのですが、一緒に塗装することでのメリットは足場を組む料金が一度で済むことです。

外壁塗装をする際は、何軒か見積もりを出してもらう、訪問販売の業者は避ける、知り合いが1度外壁塗装をお任せして満足度が高い業者など、信頼できる外壁塗装業者にお願いをしましょう。

オススメサイト

  • 株式会社 大林建装工業

    外壁塗装を堺市でお考えなら株式会社大林建装工業を利用されてはいかがでしょうか?施工期間中のご報告や周辺住民の方への配慮もしっかりしており安心して外壁塗装を任せることができます。

ニュース

2017/06/05
訪問販売の外壁塗装は用心しましょうを更新しました。
2017/06/05
外壁塗装に最適な時期は、春と秋を更新しました。
2017/06/05
外壁塗装に色は重要?を更新しました。
2017/06/05
外壁の塗り替えがなぜ必要か?を更新しました。