外壁塗装に色は重要?

塗装の色の重要性

せっかく外壁を塗り替えるのだから、好きな色にしたい!という気持ちもあるかと思いますが、中には汚れの目立つ色もあります。
また、塗り替えたために、お隣からクレームが届くなどということのないように、色はしっかり考えましょう。

街並みを考える

外壁塗装の1番の目的は、建物を水の浸水から守り長持ちさせることですが、何色を塗るかということも大切です。

外壁の色を決める時に、好きな色を選ぶことも大切ですが、周りの景観も考えることが大切です。
家に入ってしまうと、当然外壁の色は見えませんが、外からは常に見られています。あまりに目立つ色にしてしまうと、一軒だけ街並みから浮いてしまったり、お隣から迷惑がられることも実際にあります。

小さな色見本で見るのと、その色が大きな家全体に塗られたのでは、インパクトは全く違います。
塗り直した後に快適に過ごすためにも、一般的な色や業者の方のオススメの色も参考にしましょう。

劣化の目立つ色

汚れが目立つ外壁塗装の色は、「白」・「黒」・「ダークブラウン」・「原色」です。
これらは、傷や汚れが目立つだけでなく、濃い色に関しては色が褪せた時に目立ちます。また、黒に近い色ほど紫外線を吸収するので、チョーキング現象が起きやすくなります。

汚れや劣化の目立ちにくい色は、「グレー」・「アイボリー」・「ベージュ」や「クリーム系」の色となります。
また、フッ素系塗料は塗膜に汚れがつきにくい塗料です。

ニュース

2017/06/05
訪問販売の外壁塗装は用心しましょうを更新しました。
2017/06/05
外壁塗装に最適な時期は、春と秋を更新しました。
2017/06/05
外壁塗装に色は重要?を更新しました。
2017/06/05
外壁の塗り替えがなぜ必要か?を更新しました。