外壁の塗り替えがなぜ必要か?

日当りのいい住宅

家の中での生活には何の問題がない場合、外壁の塗り替えに高額を支払うことに躊躇してしまうのですが、外壁は時期をみて塗り替えが大切です。

家を長持ちさせる

外壁の塗り替えが必要な理由は、外観をよくするというよりも、建物を長持ちさせることが1番大きな理由です。

外壁は建物の防水の役割を果たしています。そして、外壁の塗料は毎日、太陽や雨・風にさらされているので劣化します。
防水の役目が薄れると、外壁の内側が腐敗する原因となったり、雨漏りの原因となります。

住んでいる分には気がつきにくい外壁の劣化ではありますが、亀裂などの大きな問題が見られなくても、平均築10年に1度の塗り替えが理想的です。

水の侵入を防ぐ

外壁に亀裂が入っていると、建物の強度にも関係してきます。ヒビ割れた場所から雨水が浸水し、壁の内側の断熱材が腐敗してしまったり、建物を支えている木材が腐ったりと水による傷みが発生します。
また、外壁の亀裂を放置し、内側の木材が濡れることで、シロアリを呼ぶ原因にもつながります。

亀裂が入っているからといって、すぐに雨漏りがするなどと建物の中に影響がでる訳ではありません。ただし、亀裂は家の内側に深刻な被害をもたらす一因となるため、外壁塗り替えの大きな基準となります。

ニュース

2017/06/05
訪問販売の外壁塗装は用心しましょうを更新しました。
2017/06/05
外壁塗装に最適な時期は、春と秋を更新しました。
2017/06/05
外壁塗装に色は重要?を更新しました。
2017/06/05
外壁の塗り替えがなぜ必要か?を更新しました。